無線LANセキュリティ対策

無線は家の外に漏れています。このため、悪意のある人が接続してしまいます。

無線LANの接続先を探す時に沢山の接続先が表示されるように漏れています

接続されたらデータを盗まれたり、破壊されたりします。

セキュリティ対策が必須です
次のような方法でセキュリティを強化しよう

1.一般にはパスワード設定します。少し複雑にしましょう。英字/数字混在,Upper,Lowerで8桁以上のようにします。

2.接続する機種をMACアドレスで制限する(全ての機器には、世界に1つしかないMACアドレスを持っています)
ちょっと面倒ですが、ルータにパソコンから接続し設定することができます。

3.外部に無線LANを表示させない機種もあります(会議室はこれです)
(無線の自動設定はできませんが安全です)
販売されているルータにはほとんどこの機能はありません。

4.1~3に共通なのがデータの暗号化(WEP,TKIP,AES)です。無線なので盗聴できますのでデータを暗号化しておくと安全です(電話の盗聴防止と思えば)

規格があります

規格名称 WEP WPA 

(TKIP暗号化方式)

WPA2 

(AES/TKIP暗号化方式)

暗号化方式 RC4 RC4 AES
セキュリティ強度 低い 高い 高い
暗号キーの交換 固定 WPA2-PSK WPA2-PSK
暗号キー生成の乱数列(IV) 24bit 48bit

そのた、WPS(WiF- Protected Setup)

WPSは無線LANの設定を簡単にできるようにした仕様です

Buffaroは「AOSS」、NECは「らくらく無線スタート」などでボタンを押すだけで親機と子機の無線LANの設定できます。

各々、互換はありません

 

コメントを書く







コメント内容


Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。