モバイルデータ通信カードを使った監視カメラの設置 梶原

2012-04-09

梶原です。茅ヶ崎市で工務店をしています。(自己紹介)

防犯対策のため現場の監視が必要だったことで監視カメラを設置してみました。
短工期の現場に光回線を引くのは経済的でないため
モバイルタイプのデータ通信カードを用意してインターネット越しに
ネットワークカメラを操作してみました。

用意するもの

  1. ネットワークカメラ(パナソニック)BB-HCM531
  2. モバイルルーター(アイオーデータ)DCR-G54/U
  3. イーモバイルデータ通信カードUSIM(D26HW)

ネットワークカメラ

──────────セットアップ

  1. ルーターのUSBポートにデータ通信カードを挿入。
    少しすると、LEDが、赤(電源オン) → 青(通信のネゴ)→
    青の点灯(インターネット接続完了)と変化します。
    青くなったら、接続完了です。
  2. ネットへの接続完了を待ってルーターからLANケーブル(8極8芯)で
    カメラとルーターを接続します。
    LEDが電源投入でオレンジ、LANケーブルを接続して緑に変わればデータが通っています。

ネットワークカメラ

通信イメージ図

──────────使用方法

  1. アイオーデータ社のDDNSサービスサイトで付与されるグローバルIPを取得します。
    (DDNS IPはデータ通信カードの電源を投入するたびに変化します。)
  2. インターネットに接続されたパソコンで上記グローバルIPを打ち込みます。
  3. カメラの認証画面が出ますのでIDパスワードを入力すると画像が見えます。
    その後管理者から許可されたモードで使用することができます。

ネットワークカメラ3

ブラウザでインターネット越しに見ている状態

パン/チルトをクリックするとカメラの見える方向が移動します。
表示を拡大すると動きが滑らかになりませんから動作を優先させる場合には
表示を小さくしたほうがいいと思います。

 

投稿者 梶原

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。