【データロガー】デジタル騒音計では

2013-07-27

下記の記事は2007年のものを編集したものです。
少々データが古くなっている事はご容赦ください。

──────────
あらかじめ設定しておいた時間の気温・湿度あるいは騒音などを
一定期間記録できる機械としてデータロガーというものがあります。
これから工事をする、もしくは、現在住環境に支障があると思われる
住宅に長期間設置して、温度湿度を記録してデータを取り、
次の対策を立てるためのものです。
気温・湿度のデータロガーに続き、騒音のデータロガーを買いました。

住宅の床下の湿気は住宅の寿命に大きくかかわってきます。
シロアリなどの被害から大切なわが家を守るためにも高すぎる湿度は禁物です。
床下の湿気対策の一つとして調湿材を使うことがあります。

一見わかりにくいその効果も具体的な計測結果を出す事で
見える化を計ることができます。

今回購入したデータロガーは騒音に関してのものですので
例えば大通り付近の購入予定の土地における1日のの騒音量を調べたり
既存住宅にほどこした防音工事の効果を確認したりなどなどです。

また機械は外国製ではありましたが日本語の解説書もついていたこともあり
社内のWindowsパソコンとの接続もスムーズに行え初期の設定も既に済みました。
(この手の機械はWindowのみ対応が多いようです。)
後は実際の現場での活躍に期待といった状況です。

投稿者梶原

デジタル騒音計

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。