【AppleScript】スマートな日付情報の取得

2013-08-13

下記の記事は、以前書いたものに少し手を加えたものです。
多少古くなっている点はご容赦ください。 

AppleScriptにURLを指示するときにはエラーを防ぐために「YYYYMMDD」と
指示しなければなりません。
通常では1日から9日までは09日とならず、一桁でcurrent dateが取得されてしまいます。
後ろから、いくつかの数字(実際にはテキストですが)を取得と指示します。
そのときに9日と10日で桁数が違うのでは困るわけです。
set theDay to text -2 thru -1 of (“0” & theDay)
という構文を見つけました。
日付が9日でも10日でも頭に”0”をつけて後ろからふたつ目とひとつ目の文字を選択。
という手法をとるわけです。
シンプルでスマートな手法に感心しました。
投稿者 梶原

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。