【FileMaker】自分がよく使う機能はダルマ落とし

2013-08-19

下記の記事は、以前書いたものに少し手を加えたものです。
多少古くなっている点はご容赦ください。 

データベースソフトと言えばFileMakerが有名です。
アクセスと言う選択肢もあるでしょうが、近隣では見たことがありません。
扱いやすさからこちらのほうが使われているのだと思います。

そのデータベースソフトFileMakerの中で特によく使う機能がダルマ落としです。
一行レイアウトの行数が多いレコード群では、個別にコピーしていくのが大変です。
そこで、対象になっているレコードをスクリプトで廻してコピーしてしまう。
というものです。
1レコードをコピーしてそのコピー後のレコードを対象外にします。

私はネットの情報をもとに、見よう見まねで作ってみました。
ダルマ落としと言えば最下段が対象外になるのが本当でしょうけど
私が作ったスクリプトでは最上段が対象外になります。
美しくはありませんが、機能的には差し支えないのでそのまま使っています。

FileMakerを使って行く上で大きなハードルはダルマ落としと
自己連結リレーションシップだと思います。
たくさんのレコードをコピーするときに便利に使っています。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。