【AppleScript】System Eventsで使うボタンの種類

2013-08-20

下記の記事は、以前書いたものに少し手を加えたものです。
多少古くなっている点はご容赦ください。 

AppleScriptでSystemEventsを使った操作で知らなければならないのがボタンの種類です。
間違った構文ではエラーになりますので。
スキルがごく高ければボタンの値を取得して
条件分岐で操作するのでしょうがその部分で自分は苦労しています。
ボタンの種類を「AppleScript click button」で検索し参照URLから引用しました。

アプリケーションSystme Eventsで使用するボタン
  名前 コマンド 使用位置
1 button click  
2 radio button click tab groupで使用
3 exists button click ボタン有る無しの判断
4 pop up button click tab groupで使用
 
わかりにくいオブジェクト
Tab group ボタンの集合
Sheet 1 ポップアップウインドウ
 
ボタンの定義がしっかりできないところが 私にとってGUI Scriptingのむずかしいところです。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。