もっと高性能のテキストエディターとは

2013-08-26

下記の記事は、以前書いたものに少し手を加えたものです。
多少古くなっている点はご容赦ください。 

自分はテキストをエディターに取り込んで過去データを
必要なときに検索して探しています。
Mac定番のエディターとしてJeditXを使っていますが
高性能といえるJeditでも万能ではありません。
テキストをどんどん取り込んでいるうちに10000行を超えた当たりから
急に重くなります。

そこで10000行を超えると警告が出るようにして
次のファイルで保存するようにしています。
Jeditにはマルチファイル検索がありますがどうも面倒です。
もっとたくさんのテキストを1ファイルで扱え
しかも検索しやすいテキストエディターアプリがないものかと
考えていたところこれを見つけました。
検索がしやすくたくさんのテキストが扱えるようです。

──────────後日談
階層化して文章を整理する時に思い当たるのが、FileMakerでの整理です。
通称「自己参照リレーション」と言います。
しかし、理解が難しいこと、動作が遅いこともあって実用的ではありません。
こちらの製品は三階層にわたって分別出来ますから、
単純な機能ですが、分類に大変便利です。
ただし、Scriptingではありません。(AppleScriptで処理出来ないの意)

私はステマが嫌いですので、検索ヒットするテキスト本分中に製品名、販売会社は示しません。
必要なかたは画像を張っておきますので検索して実際に使ってみてください。
投稿者 梶原 

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

文庫番

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。