【OSX Server】MacminiOSXserver_Lion プリインストール版とSnowLeopard版との比較では

2013-09-16

下記の記事は、以前書いたものに少し手を加えたものです。
多少古くなっている点はご容赦ください。 

しまゆぐ http://shimayugu.sakura.ne.jp/ でMacmini OSXserver Lion版を
購入された方がいらっしゃいましたので比較検討表を見せていただきました。
こちらの方はApple Care Protectionに加入されなかったようですが
設定のむずかしい事が有りますので業としてserverを扱っているかた以外では
このApple Care Protectionへ加入される事を強くお勧めします。
OSXserverSnowLeopardのセットでは¥15000程度であったと記憶しています。

——————Appleのサポートの電話のつながりやすさ
他のソフトハウスのサポートでは電話がなかなかつながらず
不明な点がわかるまでに時間がかかりすぎるという点で不満が有ります。
その点ではApple Care Protectionでは長く待たされて困ったという事はありません。
営業時間が短いものの土曜日もつながりました。

——————2011と2010の比較
2011版と2010版との比較では比較していろいろな部分に×(使えない)があります。
特に困る部分がAFPとOpenDirectryです。
AFPはファイル共有をするのに必要なプロトコルで
代替としてファイル共有があれば差し支えないと言えますが
OpenDirectryでは接続を許可する個人別の設定をしますので
この部分をいじる事が出来ないとは権限の個別認証が出来ないのではと思います。
購入者が操作できる部分を少なくしOSのほうでカバーしようという
ClassicOSからOSXに移行した当時のAppleの考え方の継承でしょうが
(OSのシステム部分の一部が不可視になり間違っていじる可能性を無くした。)
設定できないという事が一番困る部分です。
その他細かい部分でも設定ができなくて困る部分が有りますので
このMacminiOSXserverLion版はこなれるまでまだ購入を待った方がいいと思います。
人柱になっていただいた「N」氏に感謝です。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。