【AppleScript】AppleScriptで記事のまとめ修正

2013-09-30

下記の記事は、以前書いたものに少し手を加えたものです。
多少古くなっている点はご容赦ください。 

ブログホームページ等を書いていますと定期的にフッタやヘッダを
書き換える作業がでてきます。
二三ヶ所だけならいいのですがそれが1000ヶ所くらいになりますと
手作業での時間が膨大にかかります。
その書き換え作業をAppleScriptで出来ないだろうかと言うことを考えました。

条件分岐繰り返しと言うハードルの高い構文が控えていますので
自分のスキルで出来るかどうかわかりませんが挑戦してみたいと思います。

──────────ecto手直し手順(途中でネストを発見)
エントリーを開く
まずこのエントリーがJeditのようにファイルごとに保存されるのでない。
と言うことがわかって困りました。
ectoの用語説明では適当な命令が無いのです。
(Jedit等はたくさん有ります。)
エントリーごとのファイルがあるはずですので
それを直接開く命令を出そうと考えました。
ではエントリーの文字データはどこに保存してあるのか?
と言うことになります。
MacOSクラシックならアプリケーション内に保存していたかもしれませんが
OSXならそれは無いはずで探してみると
/Users/home/Library/Application Support/ecto3 に有りました。
このパスを指定すると目的のファイルが開きます。
しかし、このファイル名がやたらと長いのです。
0d101ab9db948a3afe17d0938f56851c.ecto など。
構文が面倒になりますのでfile indexを使おうと考えました。
検索ウインドウを開く(ショートカットキーでGUIScripting)
保存
──────────次のエントリーへ
投稿者 梶原

——————ネスト
用語が同じ階層に並べるのだと重要性が同列でないので困る場合が有り
そのときに同列でないものを一段文字下げしている。
そのためにectoの自動ナンバリング機能で階層を同一にしておくと不具合があるので
自動的ナンバリングにネスト機能が有ると助かると言う理由。
——————
(注)ネストIT用語辞典から引用
http://e-words.jp/w/E3838DE382B9E38388.html
構造化プログラミングにおけるプログラムの構築手法のひとつ。
複数の命令群をひとまとまりの単位にくくり何段階にも組み合わせていくことで
プログラムを構成する。このまとまりをネストという。
主なネストの種類は条件分岐(C言語などでは「if」文)一定回数の繰り返し(同「for」文)
および条件つき繰り返し(同「while」文)である。ネストの内部に別のネストを何段階にも重ね
入れ子構造にしていくことを指して「ネスト」「ネスティング」と呼ぶことがある。

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。