モノを所有するということ

2013-10-23

こんにちは、金子です。
先月、今月はiPhone 5S/Cの発表と、日本では遂にNTTドコモもiPhone取り扱いというニュースを皮切りに、10月はiPad Air、iPad Retinaディスプレイモデル、そしてMacは新MacBook Pro、Mac Pro、ソフトウェアではiOS7にMac OS X MavericksとAppleは新製品ラッシュが続きましたね。

僕が初めてMacを買ったのは1992年の事で、それからずっとApple製品を使い続けているのですが、未だにiPhoneは持っていません。単に僕が低所得者層であるから、というのが理由なのですけど、いくらスマートフォンと名前を変えようが携帯電話キャリアの、あの「消費者にそれと気付かれないように借金をさせ、分割払いでローンを組ませる」というビジネスモデルが僕はどうしても好きになれないのです。それで僕の携帯電話は未だにwillcomなのですが、考えようによってはwillcomの3年縛りというのは、2年縛りである日本の他3キャリアよりも酷い設定ではありますが、他人と同じものが嫌いという僕の天邪鬼な性格が10年以上もwillcom使いを止められない原因でもあります。

Apple製品の中では、僕はMacを買います。iPodを買います。iPad(Wi-Fiモデル)を買います。しかしiPad(セルラーモデル)、iPhoneは買いません。それは、前述の「見えない借金」が理由でもありますし、自分が貧乏人であるのも理由のうちですが、分割払いが自分をして「僕はこのモノを所有しているぞ」という感覚を希薄にさせ、2年ローンを背負わされる重圧が耐え難くなるのです。

これはいまどきのソフトウェアにも言えることで、Webブラウザから利用できるサービスなどは月額制、Adobe CSシリーズなども月額/年額払いで一度契約したら最後、そのソフトウェアを使い続ける限りは、企業から延々と金を吸い続けられるはめになります。

僕はどうもこのシステムに馴染めないのです。いまどきの若い人は、一度にまとまったお金は出せないけれど、月額なら何とかして払えるのでしょうか?携帯電話キャリアが提示するスマートフォン向けのプランは2年契約で月に8000円くらいでしょうか?この値段というのは1990年代の携帯電話を彷彿とさせ、僕はあの当時10代でしたが、周りの友達はろくに金も持っていないのに無理して携帯電話を持ち、毎月の支払にピーピー言っていました。今、電車にのると中学生、高校生に見える若者が魂を奪われたように口を半開きにしてスマートフォンをこすっていますが、誰がお金を出しているのでしょう?アルバイト?親の負担?それはどうでもよいのですが、車内の殆どの人間が皆、同じようにスマートフォンをこする光景は僕のような中年にとっては昔は見慣れない光景でも有り、また、月額利用料いくら高くても、これなしには生きていかれないと言わんばかりに一心不乱にスマートフォンばかり見る光景は、何か麻薬中毒患者とその売人の関係を思い出させ、天邪鬼な僕をして意地でもスマートフォンは持つまい、とますます態度を硬化させるのでした。

しかし昨今のコミュニケーションで、フィーチャーフォンではなくスマートフォン向けアプリケーションが必要な場合が出始めてきて、安くiPhoneを持つ方法を模索していたのですが、香港の業者からiPhoneの白ロム版を購入したとしても、廉価版と言われるiPhone 5Cでさえ6万円からです。iPod touchよりも少し動作が速くて、少し良いカメラが内蔵していて、GPSが付いていて、通話ができる、というだけでなぜこんなにも高いのでしょうか?ある調査会社によると、iPhone 5 S/Cのそれぞれの原価は200ドル以下であるという試算が出ています。それを6万円以上で売るのですから、Appleはさぞかし儲かるのでしょうね。

Apple高マージンの秘密; iPhone 5sの製造原価は199ドル, 5cは173ドル

あんな小さなものに6万円も払うくらいなら、11月に発売されるiPad Airを買い、同時にWi-Fiルーターの白ロムも買って、月額980円の定額SIMに契約した方がまだマシな買い物であると僕は考えています。

一応仮にもAppleユーザー歴20年オーバーの癖に「金子さんのiPhoneはどのモデル?」と言われて「ンなもん持ってません」と言うと相手は不思議な顔をします。しかし毎年1万円払ってAppleにiOS Developerとして契約をしています。自分のことながら、何がしたいのやら…。

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。