【OpenOffice】リフォームの場合に部屋ごとに見積をする方法

2013-10-16

下記の記事は、以前書いたものに少し手を加えたものです。
多少古くなっている点はご容赦ください。 

建築の見積では業種ごとに見積をするのが通常です。
データベースソフトのFileMakerやアクセス、またはExcelのマクロ等で。
規模が小さいリフォーム工事の場合は、
予算に応じて、こちらの部屋は工事をするが、こちらはしない。
いや、あとでやはりこちら工事をしたい。などと随時変更があります。
ある部屋は工事をやったり、ある部屋は工事をしたりと調整をしますので、
なんとか他の手段で、柔軟な対応が出来ないだろうかと考えていたところ
Excelで(私はOpenOfficeですが)小計を自動的に計算する機能が有ると言うことで
早速以下を試してみました。
この前に目的の列をソートしておきます。

部位毎見積もり
図1
列の合計を選択
部位毎見積もり
図2
左側の「−」タブをクリックしてすべて折り畳んだところ。

総金額
図3
見積書表紙

一旦小計を戻して、行を削除すれば再計算も出来ますし、
タブを広げて明細項目をたたんで一覧項目を印刷できます。
また、総計の合計を引用すれば、見積書の表紙に入力されます。
このようにすると、リフォームする部位ごとの(部屋ごとの)見積が自動的に出来ます。
工事量の増減に見積書が柔軟的に対応できるのではないかと思います。
投稿者 梶原
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。