【プリンタドライバー】偶然見つけたスクリーンショットのオプションと両面印刷のボタン

2013-10-25

下記の記事は、以前書いたものに少し手を加えたものです。
多少古くなっている点はご容赦ください。 

試し印刷をしてみたところ両面印刷が出来なくなりました。
以前は出来たのに今回が出来なくなった原因を探してみたところ、
システム環境設定/プリントとFAX/オプションとサプライ/ドライバを
点検したところ、両面ユニットと内蔵ハードディスクにチェックが
入っていませんでした。
ドライバーをバージョンアップした時にクリアになったかもしれません。
気がつかないうちに設定が変わっているのは困ったものです。
そのときに気がついたことがあります。

両面印刷不可

図1

両面印刷が出来ない時

両面印刷

図2

システム環境設定でチェックを入れる

両面印刷OK

図3

プリント画面で両面印刷ボタンが押せるように変化

スクリーンショット

図4
スクリーンショット時の変化

デスクトップ上の一部スクリーンショットを撮る時にはcommand + shift + 4と
するのですが、Macユーザーのかたのサイトのきれいなスクリーンショットを
見るたびにそのようなトリミングをしたいものだと思っていました。
command + shift + 4 としたおりに目的の画像がハイライトしたのです。
ハイライトしたことは以前にもあったのですのが、
何のことはないことと思っていました。
ハイライトした画像に十字ポインタを当てspaceキーを一回押し、
そしてクリックすると目的の画像がきれいにトリミングされます。
今まで気がつきませんでした。
投稿者 梶原 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。