【AppleScript】はがき印刷をAppleScriptで自動化2

2013-10-28

下記の記事は、以前書いたものに少し手を加えたものです。
多少古くなっている点はご容赦ください。 

はがき印刷を手差し給紙で用紙設定、印刷が自動化で出来ましたが、
複数枚の印刷が現時点では出来ませんから複数枚のときは
枚数を指定する必要があります。
原始的な方法ですが、回数だけ繰り返す方法でやってみたいと思いましたので
そのときに便利なサブルーチンを試してみました。
まず、サブルーチンが単独で動くのか?という疑問があります。
実際にやってみました。
外部のスクリプトを呼び出すより間違いが少ない(pathでの指示がいりませんから)と
考えます。

set pri_1 to my hagaki()
on hagaki()
–この中に構文
end hagaki

このようにしてみると、単独でも動きました。これで動けば、サブルーチンは使い回しが効きますね。

次の問題は、returnの扱いです。
投稿者 梶原 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。