【Acrobat】決まった位置にスタンプを押すには

2013-10-31

下記の記事は、以前書いたものに少し手を加えたものです。
多少古くなっている点はご容赦ください。 

定型作業のうちでは書類にスタンプを押す作業があります。
メール添付でPDFデータを送る場合には、書類にスタンプを押して添付します。
以前は印刷したものをスキャナーで読み取っていましたが、
そうしますと 画像が荒れて、送付先に良い印象を与えないのではないかと思いましたので、
パソコン上のPDFデータにスタンプを押したものを
さらにPDFデータにして メール添付をすることにしました。
その場合には書類が透過で書いてあれば背面に、
透過でないものはスタンプを透過させて PDFではAcrobatを使っていますので
前面にGIFのレイヤでスタンプします。
Acrobatではスタンプツールがありますが私はレイヤ機能を使っています。

──────────レイヤー機能の問題
レイヤー機能を使っていると問題があります。
スタンプツールでも同じことですが、 位置決めです。
都度位置が変わるときはいいのですが、
普段スタンプを押す書類は大きく分けて三つあり、そのおのおのが決まった位置です。
その決まった位置のために、手間がかかるのは合理的でない。と考えた訳です。

──────────面倒な定型作業
決まった作業といっても手順どおりしなければなりません。その手順の数が多いのです。
数えてみると、ひとつのスタンプを押すために10回ボタンをクリックするか、
入力しなければなりません。これは非効率的です。
定型作業で、同じ数字を入力する訳ですからGUIScriptingが適していると思います。

──────────具体的には ボタン間の移動

  1. key code (タブ) クリック cliclick か keystroke return
  2. ポップアップメニュー内の移動 key code (↓↑)
  3. 数字入力 keystroke “” という単純なものです。 UIElemntInspctorで計っても
    位置がずれることが多々ありますから、 タブでの移動の方が楽ですね。
  4. レイヤを取り込む画面での操作数
  5. レイヤとしての取り込み画面
    手作業ではこちらのレイヤーとして取り込むコマンドを使いますが
    GUIScriptingではこちらのクリックの位置ずれがありましたので
    (bounds命令でもAcrobatはずれました。) プルダウンメニューをクリックします。
  6. プルダウンメニュー/ナビゲーションパネル
  7. プルダウンメニュー/ナビゲーションパネル/レイヤー
    GUIScripting構文の行数はありますが、単純な構文ですので書いてみたいと思います。
    レイヤの設定とスタンプの位置決めではGIFファイルの選択がありますが、
    それがなかなか選択しにくいので方法を思案しているところです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。