【WordPress】ブログ本文中に構文(ソースコード)をきれいに書くには

2013-11-05

下記の記事は、以前書いたものに少し手を加えたものです。
多少古くなっている点はご容赦ください。 

ブログ本文中に構文(ソースコード)を直接書くと誤動作をしてしまったり
表示が消えてしまったりするのでどうにかきれいに誤動作しないようにしたいと
以前から思っていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

syntaxhighliter
図1
きれいに表示されている構文
syntaxhighliter2
図2
syntaxhighliter

いろいろのサイトを見ているうちにコードをプレーンテキストや画像ででなく
別ウインドウで書いているサイトを見つけました。
http://hijiriworld.com/web/wordpress-admin-customize/
のコードでは本文と別ウインドウになっています。
ウインドウの右上では、小さいアイコンが四つあり
プリント、?マーク、ソースを表示、クリップボードへコピーの四機能があります。
これは便利な機能で使いたくなりましたので、
WordPressSyntaxHighliter」と検索すると
WordPressでのプラグインが有ることがわかりました。
このプラグインを使ってpreタグを使えばこの機能を反映できそうです。
しかし、以下の記述を見てはて?と思いました。
preタグにclassを指定するのですが、AppleScriptがないのです。

──────────引用
パスは環境に応じて変えてください。「shCore.js」は必須です。
それから表示させる言語に対応するJavaScriptを読み込みます。
コード部分の記述は以下のように。
プレーン表示クリップボードにコピー印刷これは何?
preタグ内にコードを記述します。
class部分の記述はLanguages – syntaxhighlighter – Google Codeを参考に
XMLコードの場合、class=”xml”
PHPコードの場合、class=”php”
CSSコードの場合、class=”css”
JavaScriptコードの場合、class=”js”
Rubyコードの場合、class=”ruby”
SQLコードの場合、class=”sql”
Visual Basicコードの場合、class=”vb”
Javaコードの場合、class=”java”
pythonコードの場合、class=”python”
C#コードの場合、class=”c#”
C++コードの場合、class=”c”
Delphiコードの場合、class=”delphi”
としてあげます。
──────────引用終わり

検索語句「Wordpress syntaxhighliter AppleScript」で検索したところ、
海外のサイトに解決方法がありそうでした。
今回は時間がありませんから復旧作業が一段落したら見てみたいと思います。
投稿者 梶原
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。