【正規表現】空白行削除に成功したスクリプト

2013-12-01

下記の記事は、以前書いたものに少し手を加えたものです。
多少古くなっている点はご容赦ください。 

正規表現では試行錯誤でいろいろ試しています。
置換の順番では変更後を先に書いて変更後を後に書くのが鉄則だと思い込んでいましたが、
それでは正しく実行されませんでしたので、逆に書いてみたところ実行されました。
構文がちょっといまいちですが。
投稿者 梶原 

  1. ——————空白行削除に成功したスクリプト 
  2. tell application Jedit X
  3.     tell front document
  4.         replaceAll string ^[ \\t]*[\\r\\n]+ to  with select all, case sensitive, grep and entire word
  5.     end tell
  6. end tell
  7. —————— 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。