自転車自慢 篠原

2014-06-19

三ヶ月前に5台目の自転車を買った。

今までのはロードレーサー、クロスバイク、ホールディングバイク(折りたたみ自転車)のbD-1二台。新しく買ったのはホールディングバイクの Mu Eliteでした。

215

江ノ島をバックにDAHON Mu Elite

Mu Eliteは折りたたみ自転車のメーカーとしては有名なアメリカのDAHON社のもので、そのフラッグシップモデルのポジションにいます。
私、小径車が好きみたいです。特に今回の Mu Eliteは、一目見てその美しさだけで決めちゃいました。あとからスペックを見てさらに納得の買い物でした。

ホイルサイズは20インチ、
重さは9.7kg
ブルホーンハンドル
シフター マイクロシフト20spd
クランクセット FSA Gossamer
ディレーラー シマノ105

簡単に折りたためます、1分かかりません。
車に積んだり、電車で輪行が容易に出来ます。

L_03

 

普通のホールディングバイクだと、スピード出すような走りは苦手なものが多いのですが、Mu Eliteはロードレーサーにはかないませんがクロスバイク以上の走りが出来ます。

211

ビデオカメラ(ハンドルの左側に付いているのが)、サイクルコンピュータ、ライト、赤丸はシフター

特徴的なブルホーンハンドルは格好いいのですが、実はこれが優れものです。
赤い丸印で示したのはギアのシフターで左側でフロント二段ギアを動かします、右側のシフターで後ろの10段変速をします。

一般的にドロップハンドルのブラケットを握るポジションの方が、フラットバーハンドルを持つポジションの方よりも疲れにくいと言われています。人間は普通に歩行すると手のひらを内側に向けているので、ドロップハンドルならそのまま自然な持ち方が出来るからです。

 

フラットバー的に使う。このポジションだとブレーキは使えない

フラットバー的に使う。このポジションだとブレーキは使えない

フラットバーハンドルだと不自然な姿勢なので手首に荷重がかかり過ぎて小一時間で疲れが出ちゃいます。

疲れにくい握り方ですが、ブレーキには手が届かない

疲れにくい握り方ですが、ブレーキには手が届かない

実際に乗ってみて、ブルホーンハンドルの効果が想像以上なのに驚いています。

ブレーキが握れ、かなりの前傾姿勢が取れる

ブレーキが握れ、かなりの前傾姿勢が取れる

この自転車の唯一の弱点がブレーキかな、信頼できる日本のシマノ製に換えました。
スポーツ自転車にはペダルが付属していません、今回はビンディングなしの工具なしで着脱できるタイプを選びました。

五台も自転車あってどうするのと聞かれますが、長距離のサイクリングにはロードレーサー、妻と一緒にのんびりのポタリング(自転車散歩)にはbD-1、ご近所の買い物などにはクロスバイクのSPECIALIZEDシラスと使い分けています。今度買ったDAHON Mu Eliteは今のところどんな用途でも使っています。

梅雨入りして、休日に自転車乗れない日があるのがもどかしい、、、
梅雨が明けたらがんがん走りに行きますよ

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。