ソフトウエア使ってみよう教室…第8回「Keynote、テキストのアニメーション」(もちゃち)

2014-07-19

前回は、再生とスライドのアニメーションについて解説しました。今回はテキストのアニメーションの解説です。
一番目のスライドを選んで下さい。そして、タイトルの文字(例では「Keynote入門」)を選んで下さい。右上の「アニメーション」を選択しているとします。

8-1

右枠の左上の「イン」が選択されているのを確認します。

8-2

「エフェクトを追加」ボタンをクリックします。

8-3

「ぼかし」を選択してみます。効果が一度現れます。もう一度確認したい時は、「プレビュ」をクリックして下さい。

8-4

次にサブタイトルの文字(例では「もちゃち」)を選んで下さい。「エフェクトを追加」ボタンをクリックします。

8-5

「タイプライター」を選択してみます。

8-6

さてここで再生してみましょう。真っ黒な画面が現れます。何もしなければ真っ黒なままです。ここでクリック(右矢印ボタンを押下)してみましょう。「Keynote入門」という文字がじわっと出て来たでしょうか。更にクリックしてみましょう。「もちゃち」という文字が左から順番に出て来たでしょうか。

それでは、再生を終了して、1番目のスライドで、またタイトルの文字「 Keynote入門」を選択して下さい。今度は、右枠の上真ん中「アクション」を選択します。

8-7

「エフェクトを追加」ボタンをクリックします。

8-8

「強調」欄から「ジグル」を選択してみます。

8-9

同様にサブタイトルの文字「もちゃち」を選択して、「バウンス」を選択します。

8-10

もう一度、タイトルの文字「Keynote入門」を選択して、今度は右枠の上右側「アウト」を選び、「エフェクトを追加」ボタンをクリックします。

8-11

「出現と移動」欄から「ディゾルブ」を選択してみます。

8-12

同様にサブタイトルの文字「もちゃち」を選択して、「フェードとスケール」を選択します。

8-13

再生してみましょう。クリックする度にいろいろな効果が現れると思います。

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。