ソフトウエア使ってみよう教室…第12回「iBooks Author、はじめに」(もちゃち)

2014-08-16

今回から新たにiBooks Authorの解説に入ります。iBooks Author、無料のソフトです。まだインストールしていない方は、App Storeからインストール出来ますので、インストールして下さい。

12-1

Apple Appの下の方にあります。Other Appsの所です。僕は既にインストールしてあるので、「インストール済み」となっています。

12-2

12-3

まず最初に、私見ですが、iBooks Authorで本を作るに当たって、「チャプタ+セクション」、「チャプタのみ」、「セクションのみ」の3タイプのうちのどれにするか決める必要があるように思います。「チャプタのみ」と「セクションのみ」の違いは、「セクションのみ」の方が、色々なタイプを選択出来ます。

それでは、iBooks Authorを立ち上げてみましょう。Launchpadから起動出来ます。

12-4

テンプレートセレクタが開きます。ここで「横方向(縦見開き)」と「縦方向のみ」と2つに分かれています。この「縦方向のみ」というのは、iPad、iPhoneでの縦持ちを想定しているのではと思います。(認識が違うようでしたらご指摘頂ければ幸いです。)

12-5

12-6

今回は「横方向(縦見開き)」の基本を選んでみました。

12-7

選んだテンプレートによって、チャプタ、セクション、ページで選択出来るものが違います。冗長かとも思いますが、チャプタ、セクション、ページでどのようなものが選択出来るか、一つずつ示して行こうと思います。そうすると、土日だけのアップでは、もの凄く日数を食ってしまうので、ここからはしばらく毎日更新としたいと思います。ただ今週は、いっぱいいっぱいなので、来週から毎日更新としたいと思います。

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。