鵠沼皇大神宮の人形山車 achinryu

2014-08-24

鵠沼皇大神宮の例大祭は、毎年8月17日に行われます。

6年前の例大祭の時は、生憎の雨の日でした。

そのため、山車の人形は蔵の中に鎮座していました。

この写真を見てもらえば、これも「あり」と納得してもらえるでしょう。

figure_1

[左側から仲東町の浦島太郎、宿庭町の源義経、上村町の源頼朝]

figure_2

[左側から清水町の神武天皇、堀川町の仁徳天皇、苅田町の徳川家康]

figure_3

[左側から宮ノ前町の那須与一、原町の日本武尊、大東町の楠木正成]

今年は、晴天に恵まれ山車の天辺にそれぞれ九体の人形が載りました。

祭り見物で感じたことは、子供の数が少ないな、ということです。

お祭りは、こども達にも一大イベントの時代がありました。

これも少子化の影響と家遊びが多くなったせいでしょうか。

子供時代を懐かしむ余輩は、先行きが愁える、と感じてしまった。

 

 

 

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。