Swiftで行こう…第1回「はじめに」(もちゃち)

2014-09-27

目次ページへ

僕が買った11インチMacBook Air 256GB、主目的は「Swift」講座をやる為でした。僕がそれまで所有していたMac mini、Snow Leopard の時代のものです(今も持っています)。Lionにアップデートしましたが、何をするにも時間がかかっていました。自然と起動回数が減って行きました。「Swift」をやる為に新しいマシンは必須と言えました。Windowsマシンもメインマシンはノートパソコンになっていました。Macintoshもノートパソコンが良いと思っていて、やはり持ち歩きに楽なMacBook Airにしようと思っていました。値段の差がそんなにないので、13インチという選択肢もあったと思うのですが、しまゆぐのSさんから、11インチから13インチに替えて失敗したというのを伺っていたので、持ち運びに楽な11インチにしようと思っていました。11インチの128GBがたまたまビックカメラに在庫が無く、しばらく悩んで在庫のある256GBにしました。ここで高い方を買ったのが、しまゆぐのホームページに色々書く動機になったので、高い方(256GB)にして良かったと思っています。MacBook Airを買って、さて「Swift」講座をやるぞと思って、いろいろ検索するとXcode6がまだ一般にも公開されていない段階では、秘密保持契約に違反するという事が判り、「Swift」講座はまだ早いという事になりました。「Swift」の部分だけで講座をやるという選択肢もあったのですが、Xcode6無しでは初心者には厳しいと判断して、講座は一般公開されてからと決めました。
正直に言いますと、WWDC2014、あまり期待していなかったのですが、蓋を開けてみれば「Swift」の発表。とても嬉しい展開となりました。僕は以前しまゆぐのホームページでHyperCard入門講座をやったのですが、既にAppleはHyperCardを見捨てていました。Objective-Cでは入門講座を開くつもりにはなりませんでした。そこへ「Swift」の発表、これは入門講座をやらねばと思いました。
この講座は、プログラミング初心者を対象としたいと思います。プログラミング経験者には退屈な講座となってしまうでしょう。プログラミング初心者の方、これからよろしくお願いします。

目次ページへ

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。