Swiftで行こう…第2回「インストールとはじめてのプログラム」(もちゃち)

2014-09-28

目次ページへ

まずは、Xcodeをインストールします。App Storeの右側、全てのカテゴリの一番目、Apple Appを選択します。

インストール1

下の方までスクロールします。

インストール2

Other Appsの所にXcodeがあります。これをインストールします。

インストール3

ダウンロードに少し時間がかかります。インストールが終わると、LaunchPadにXcodeが現れます。

インストール4

早速、クリックしてみましょう。「Welcome to Xcode」画面が現れると思います。現状、Version 6.0.1です。この画面の「Create a new Xcode project」を選択します。

Hello01

とりあえず、iOS の Application のままで、「Single View Application」を選択して「next」ボタンを押します。

Hello02

「Product Name」に「Hello」と入れて「next」ボタンを押します。

Hello03

保存場所を指定して「Create」ボタンを押します。

Hello04

以下のような画面になります。

Hello05

ここで、左側のリストから「Main.storyboard」を選択すると、中央のビューが画面イメージになります。

Hello06

ここで右下の「View Controller」「Navigation Controller」と続いている部分をスクロールすると、「Label」が現れます。これを中央のビューにドラッグアンドドロップします。

Hello07

「Label」が画面に貼り付きます。同様に「Button」もドラッグアンドドロップします。

Hello08

「Button」が画面に貼り付きます。ここで画面右上の赤丸で囲んだアイコンをクリックします(これは何のマークなんだろう)。

Hello09

真ん中のビューが、左側に画面イメージ、右側にソースコード領域となったと思います。

Hello10

ここで、「Label」をcontrolボタンを押しながらドラッグして右側のソースコード上にドロップします。ここでは青い線が伸びたと思います。ポップアップが出るので、ここに「Hello」と書きます。そしてConnectボタンを押します。

Hello11

同様に「Button」をcontrolボタンを押しながらドラッグして右側のソースコード上にドロップします。同様にポップアップが出ますので、ここに「TestButton」と書きます。そしてConnectボタンを押します。

Hello12

@IBOutlet以下の2行が挿入されたと思います。

Hello13

ここで、「Button」が選択されたまま、右上の赤丸で囲んだアイコンをクリックします。すると、右上の下の部分が以下のようになります。

Hello14

ここで、Touch Downの右横の○からドラッグして、ソースコードの下の方にドロップします。ポップアップが出るので、「TouchTestButton」とタイプします。

Hello15

@IBAction以下の部分が挿入されます。

Hello16

ここに以下のように
Hello.text = “Hello World!”
と入力します。

Hello17

さあ、左上の再生ボタンのようなアイコンをクリックしてみましょう。

Hello18

もしかしたら、画面が出ても「Label」や「Button」が見えていないかも知れません。その場合は、スクロールして「Label」等が見えるようにして下さい。
さあ、「Button」を押してみましょう。

Hello19

「Label」が「He…」になったと思います。「Hello World!」を出すにはラベルが小さすぎました。

Hello20

iOS Simulatorメニューから「Quit iOS Simulator」を選んで、Xcodeの画面に戻ります。

Hello21

「Label」を横に伸ばします。縦方向真ん中の四角をドラッグすれば良いです。

Hello22

さあ再び再生ボタンを押してみましょう。「Button」を押してみましょう。

Hello23

今度は「Label」が「Hello World!」になったと思います。

Hello24

初めてのプログラムは難しかったでしょうか?

目次ページへ

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。