Apple素人珍道中…第5回「YosemiteとMavericksのデュアルブート環境2Yosemiteのインストール」(もちゃち)

2014-10-23

まずApp StoreからYosemiteをダウンロードします。

05-01

Launchpadに「OS X Yosemite インストール」が現れます。クリックします。

05-02

インストーラが立ち上がります。「続ける」をクリックします。

05-03

使用許諾契約が現れます。問題なければ「同意する」をクリックします。

05-04

確認を求められますので「同意する」をクリックします。

05-05

このままだと、Mavericksがアップデートされてしまいます。「すべてのディスクを表示…」をクリックします。

05-06

Yosemiteインストール用のディスク(パーティション)が現れます。

05-07

Yosemiteの方を選んで、「インストール」をクリックします。

05-08

確認を求められますので「続ける」をクリックします。

05-09

管理者ログインが必要となります。

05-10

インストールの準備中です。

05-11

インストール準備完了です。

05-12

インストール中のスクリーンショットは撮れませんでした(当たり前か)。カメラで撮るのが良かったかも知れません。インストール中は写真無しです。インストール終了しました。ここで、OS切り替えの方法が分からず、少し焦りました。Windowsと同じ感覚で起動時にどのOSで起動するかという選択が出るものと思い込んでいました。切り替えかたは「システム環境設定(歯車のアイコン)」を起動して、下の方にある「起動ディスク」をクリックします。

05-13

現れた「起動ディスク」で

05-14

起動したいディスク(パーティション)を選んで

05-15

再起動ボタンを押します。

05-16

確認を求められますので、「再起動」をクリックします。YosemiteからMavericksでした。

MavericksからYosemiteも同様です。

05-17

05-18

05-19

05-20

考えてみるとWindowsのように毎回起動時にどのOSにするか選ぶより、この方がよっぽど使いやすいです。前回触れませんでしたが、パーティションの変更もハードディスクがランダムアクセスである(というよりデフラグを実行しているのかな)という特性を利用したパーティション区切りとなっているように思います。Windowsだと一回区切ると、その後区切る自由度が減ります。専門的になりますが、どのシリンダのどのトラックのどのセクタから始めるかといった事を意識した区切りになっており、自由度が減っています。

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。