Swiftで行こう…第9回「トランプ1」(もちゃち)

2014-10-26

目次ページへ

ーーーMavericks Xcode6.1ーーー
M009-01
M009-02
画面にラベルを2つ横に並べて、下にボタンを1個用意して下さい。そして以下のコードを書きます。

実行してみましょう。
色々なバリエーションを試してみましょう。
M009-03
M009-04
バリエーション2です。ラベルを1つにしました。

実行してみましょう。
M009-05
M009-06
バリエーション3です。ランダムに出す数をマークとナンバーで分けなくしました。ここで、”/”は商、”%”は剰余を求めます。トランプの場合、一度配られたカードは捨てられたカードを復活させた場合以外はもう出て来ません。そこでマークとナンバーを分けていると、例えばハート♥️はもう出尽くしたのにマークのハート♥️が出てしまうという事が考えられます。ランダムに出す数は一つの方が良いと思われます。もっとも数が一つでも重複しますが。ジョーカーの事を考えると一つの方が良いと思われます。

実行してみましょう。
M009-07
バリエーション4です。配列という仕組みを使ってみました。シンプルになりました。

さて問題です。更にジョーカーを出すにはどうすれば良いでしょうか。やり方はいろいろあると思います。ただいずれにせよスマートではなくなると思います。ジョーカーは”JK”として下さい。
ーーーMavericks Xcode6.0.1ーーー

画面にラベルを2つ横に並べて、下にボタンを1個用意して下さい。そして以下のコードを書きます。

09-01

09-02

色々なバリエーションを試してみましょう。
バリエーション2です。ラベルを1つにしました。

09-03

09-04

バリエーション3です。ランダムに出す数をマークとナンバーで分けなくしました。ここで、”/”は商、”%”は剰余を求めます。トランプの場合、一度配られたカードは捨てられたカードを復活させた場合以外はもう出て来ません。そこでマークとナンバーを分けていると、例えばハート♥️はもう出尽くしたのにマークのハート♥️が出てしまうという事が考えられます。ランダムに出す数は一つの方が良いと思われます。もっとも数が一つでも重複しますが。ジョーカーの事を考えると一つの方が良いと思われます。

09-05

09-06

バリエーション4です。配列という仕組みを使ってみました。シンプルになりました。

09-07

さて問題です。更にジョーカーを出すにはどうすれば良いでしょうか。やり方はいろいろあると思います。ただいずれにせよスマートではなくなると思います。ジョーカーは”JK”として下さい。

目次ページへ

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。