Swiftで行こう…第16回「ポーカー3」(もちゃち)

2014-11-29

目次ページへ

ーーーMavericks Xcode6.1ーーー
前回の問題は、カードを何枚か捨てて、再配布するというものでした。

016-01

016-02

016-03

016-04

さて、前回の問題の答えです。
以下ソースコードです。

016-05

016-06

016-07

016-08

最初に配る部分と、追加で配る部分で大分重複があります。これを一つにまとめます。まとめておくと後で修正が楽になります。

以下ソースコードです。

同じ処理をまとめるとすっきりしますね。

さて次回からは、ポーカーの役の判別に入って行きます。まずは簡単な所から、フラッシュを判別する処理を作ってみて下さい。フラッシュとは、5枚とも同じマークになる形です。

目次ページへ

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。