Swiftで行こう…第19回「ポーカー6」(もちゃち)

2014-12-07

目次ページへ

ーーーMavericks Xcode6.1ーーー
前回の問題は、ペアの詳細を判別出来ないかという事でした。
019-01

019-02

019-03

019-04

019-05

019-06
前回の問題の答の一つです。
以下ソースコードです。

このように役の判定はとてもシンプルに出来ます。もちろん他の方法でも良いです。

ここで、ペアがあったら、フラッシュ、ストレート(番号が5つ並ぶ)はなく、ペアが無い場合にフラッシュとストレートがある可能性があります。フラッシュとストレートは同時に起こる可能性もあります。作って来たシステムでは、フラッシュかどうか調べ、フラッシュでなければペアを調べるという形になっています。ここは、まずペアかどうか調べ、ペアでない場合に、フラッシュ、ストレートを調べるという形にします。

019-07

019-08

019-09

019-10

019-11

以下ソースコードです。

さて問題です。ストレートを判定するにはどうすれば良いでしょう。ストレートとは5枚が連番になる組み合わせです。本来ストレートはK(13)の次にA(1)が続くのですが、今回は、Kの次にAが続かないとして良いです。AからKまでの中で続いていたらストレートとします。

目次ページへ

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。