Swiftで行こう…第30回「ババ抜き1」(もちゃち)

2015-01-28

目次ページへ

ーーーYosemite Xcode6.1.1ーーー
さて、今回からババ抜きに入りたいと思います。トランプの基本部分はポーカーで作ったCardクラスをそのまま使います。

030-01

まずは、新しいプロジェクトとして開始します。Xcodeを起動して、Create a new Xcode projectを選択します。

030-02

続いて、iOSのApplication、Single View Applicationと選択して、Nextボタンを押します。

030-03

Product Nameに名前を入れます。ここでは「baba」と入れました。そして、Nextボタンを押します。

030-04

プロジェクトの保存先を指定して、Createボタンを押します。

030-05

ここで、ポーカーで作った「CardClass.swift」を「baba」フォルダに含ませます。

030-06

Xcode画面の「baba」フォルダ上で右クリックします。

030-07

上記のメニューが現れるので、「Add Files to “baba”…」を選択します。

030-08

「baba」フォルダの

030-09

「CardClass.swift」を選択して、Addボタンを押します。

030-10

「CardClass.swift」がプロジェクトに加わりました。

030-11

まず最初にトランプ53枚が配られた様な表示にします。この段階では、まだトランプは配られておらず、裏になって並んでいるだけです。
以下ソースコードです。

次回は、実際にトランプを配ろうと思います。

目次ページへ

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。