【セキュリティー】iMacペアレンタルコントロールで複数クライアントの操作制限をする 梶原

2015-03-01

Windowsマシンでタイマー再起動させているときの操作を確認するにはイベントログを見て
自分の意図している動作をしているかを確認します。
コントロールパネル以下からログ保存機能を探しますが階層が深く、
インターフェースが使いづらくどうも好きになれません。

では、Macでは簡単にログの確認をするにはどうしたらいいのだろうかと検索したところ、
ペアレンタルコントロールでできるとわかりましたので使ってみました。
ペアレンタルコントロールをペア レンタルコントロールと勘違いしていました。
ですので、仲のよい誰かと一緒にiMacやApple系のデバイスを使う為のアプリだと思っていたのです。
この操作ウインドウを見て親がコントロールするペアレントのコントロールとわかりました。
親が子供に有害なところへのアクセス、有害な操作をさせない為の制御をする為の機能でした。
それが、一般企業でのPC操作制限に使える(援用)のでは無いかと思います。

  • 使用アプリケーションの制限
  • 接続出来るWebの制限(アダルトサイト含む)
  • ゲームサイト、メールサーバーへの接続制限
  • プリンターの設定変更の制限

などなど、いろいろ管理者としては簡単に設定出来る嬉しい機能がたくさんあります。
複数のクライアントPCを管理するかたには、高度なスキルが要求されますので、
PCに詳しくないかたがたまたま担当になってしまうと、難しいことに根を上げて、
外部か知り合いのかたに丸投げをしてしまうかもしれません。
私でさえ、MacOSXserverを設定出来るくらいですので、
WindowsよりMacのほうが同一スキルでは、セキュリティーを厳しくコントロール出来ると思います。
投稿者 梶原
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ペアレンタルコントロール 01

ペアレンタルコントロール設定画面
ペアレンタルコントロール 10

使用可能アプリケーションの制限画面
ペアレンタルコントロール 09

接続可能URL制限画面
アダルトサイト接続不可画面
ペアレンタルコントロール 08

使用可能ゲームサイト制限
ペアレンタルコントロール 07

使用可能時間制限
ペアレンタルコントロール 06

外部デバイス設定変更制限画面
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。