水鳥三題 by Suzuki

2015-04-01

春の喜びを謳歌しているような水鳥達を横浜の三つの池で観てきました。

1_マガモ♂
正に見本写真と言えるマガモのオスです。
マガモを家禽として改良したものがアヒルですが、そのせいか?、アヒルの羽はアルビノのように真っ白ですね。
マガモは何処でもよく見かける水鳥ですが、冬鳥として飛来するものも多いようです。
カモ類はエクリプスがあるので、私などは、種類を見分けるのが難しいことがあります。

こちらは、黄色い目と冠羽が特徴のキンクロハジロのオスです。
冬鳥なのであと1ヶ月位で何処かへ行ってしまいます。
2_キンクロハジロ♂

3種類目は、潜り名人のカイツブリのオスです。夏羽の色に変わっています。
巣によいような浮遊物がありましたが、繁殖時期にはまだ早いようです。
3_カイツブリ♂
カイツブリはが潜った後、再び姿を見せる場所を予測することができませんね。

目にしたのは3種類とも、オスだけでした。
水鳥達は、餌をくれるのでは、と近寄って来るので、親しみやすさがあります。
水鳥以外で観察できた野鳥は、
◎姿を観たもの、シジュウカラ、コゲラ、スズメ、ハシブトガラス、カワウ
◎鳴き声が聴こえたもの、ウグイス
野鳥撮りから遠ざかっていると、シャッターチャンスを逃して写真になりませんでした。

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。