最近のテレビ受像機とNAS by YS

2015-05-30

寝室に置く19型のTVを知人から譲ってもらいました。
TVには、余り関心がなかったのですが、パソコンとTVを同じネットワークに繋ぎ、いろいろ試してみました。

利用機器の概要
1)TVは、有線でイーサネットに繋がり、HDMIとUSBのポートがある。
TVは、地デジとBSのチューナーをそれぞれ1つ内蔵しているが、
地デジかBSか何れかの録画を行っている場合は、他のチャンネルを観ることができない。(裏録ができない。)
番組録画再生用に外付けHDをUSBケーブルでTVに繋いでいる。
HDMIポートでパソコンに繋げば、パソコンの外部ディスプレーとして利用できる。
2)地デジとBSのチューナー内蔵のHD(もっぱらTV番組録画再生用)を
NASとして利用し(商品名:NASNE)、専用アプリでTV番組をiPhoneやiPadで視聴している。

実験で分かったこと
1)NASの録画映像とNASのライブ映像をTVとiOSデバイスで同時に観れる。
複数のiOSデバイスでは、同時には観れない。
2)NASのライブ映像をTVで観れば、TV用HDに録画保存が同時にできる。(裏録可能?)
また、その逆も可能。(地デジとBSの内臓チューナーがそれぞれ2個と同様)
3)外出先のWi-Fi環境で、NASのライブ映像または、録画映像が観れる。
4)外出先からNASへ番組録画の予約ができる。
5)Macおよび、Win用アプリを使えば、NAS経由の録画やライブ番組が観れる。
6)iOSデバイスで観れる番組は、その外部ディスプレーには映し出すことができない。

利便性
1)語学TV番組等をNASに録画しておけば、外出先でも、自由な時間に番組が観れる。
2)NASに保存したパソコン用画像や、動画ファイルを観ることができる。(自前クラウド的?)
3)その他……………………………?

これもIoTの一つなのでしょうか、私にはよく理解できませんでした。

個人的な注記
TV録画のHDDは、ストリーミングライトで連続データの書き込みが中心である。
PCに接続するHDDはランダムにアクセスして読み書きする。

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。