ブックフェア参加記03「電子本らしく、潔く」(もちゃち)

2015-07-01


この講演は、早速アップされました。

⚫️まず代表鎌田純子さんの講演。
ボイジャーの4事業
・BinB
・コンテンツの電子出版
・Romancer(審査に落ちないePubを作れる)
・電子本制作受注

がある。

年表
1984 Macintosh誕生
1985 USボイジャー設立
1989 ベートーベンNo.9 UCLA教授、マルチメディアソフトを作る Mac HyperCard 音楽CD
このマルチメディア作品に衝撃を受けた。将来本はこうなる。この作品は米国ボイジャーが作った。
1992 株式会社ボイジャー設立
1993 ビートルズがやって来るヤァヤァヤァ
1993 エキスパンドブック
1995 新潮文庫の100冊、結構売れた

NYT(ニューヨークタイムズ) イノベーションに書かれた内容が衝撃的。
ディスラプション
これはボイジャーパンフレット『作家のために 読者のために』の鎌田さんの部分に載っています。

電子本、Print Under Glassと外国で呼ばれる事がある(揶揄されている、何でこんな液晶画面で見なければいけないのだ)

Print Unser Glass→電子本→印刷しない本
となっていくだろう。

第9』の特徴
ロバートウインター教授、生徒に自分のノウハウを教えたい。HyperCardで作られている。マルチメディア作品(もちゃち、是非見てみたい)

eBooks成功のキーワード
作家のために 読者のために』に載っています。

ePubに焦点をあてた。これが良かった。

ネット上の文学コミュニティ
青空文庫
戸山翻訳農場(ちくまの目にとまり、5月に出版された)
電子雑誌トルタル
NPO法人日本独立作家同盟(セミナーもやっている)

BinB(Webブラウザ型リーダー)
Yahooブックストア他で使われている。

Romancer
Wordから5分でeBook
BinBの仕組みが使われている。

⚫️BinB(蒲生淳さん)
Webブラウザーで本を読む仕組み
1Webブラウザーで読めるので、直ぐに読める。(アプリのダウンロード等がいらない)
2マルチデバイス、HMTL5対応のWebブラウザーがあれば読める。
3マルチフォーマット、EPUB3、ドットブック、JPEG、PDFなどのフォーマットに対応。

講談社のコミックプラス
集英社mBc(mangaBroadcastChannel)、本の中央をクリックし左上のメニューを選ぶと枠が出る。(本の関連情報が表示され、関連情報にジャンプ出来る)

Yahooブックストア、立ち読みで直ぐに読むことができる。オススメ作品を紹介出来る。
iPhoneデモ、BookLive、スマホでも同じように読める。

Antenna、本に関する情報もあり、BookLiveストアに飛ぶ。このアプリの中で本を読める。アプリの中に本を配信する仕組みを採用している。

⚫️Romancer(小池利明さん)
BinBは書店、出版社向け
個人で使えるようにしたのがRomancer
今まで作ったものはハード、ソフトの進化に伴い、読めなくなった。
挫折からの教訓、一般的なものを、ePubの登場で可能になった。
Romancer ePubを作れる、他に持ち込める。
Romancerについては以前の僕の記事も御覧下さい。

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。