ブックフェア参加記04「Yahoo!ブックストア 取り組み事例と今後の戦略」(もちゃち)

2015-07-01


この講演もアップされました。

GYAOの芝野克時さん。
Yahoo!ブックストア、約24万冊が読める。
アプリ、iOS、アンドロイド版があり、高評価(星が多い)。
無料コーナーあり。
女子コミ(講談社と組む)月額300円(6紙をまたいで読める)。
講談社、集英社、小学館、白泉社をまたがり、国民的少女まんが100選を行った。いろいろな調査して100冊を絞り込んだ。

5/28、アメトークで、集英社「キングダム」が紹介され、爆発的に売れた。テレビの影響は凄い。

女性に多く利用されている。スマホは若年齢、PCは高年齢という傾向がある。
購入、女性が多い(8割)、30代~40代。

少女コミック、女性コミックが多い。女性向け7割。

当初WinPCが多かったが、最近iPhoneが増えた(iPhone6で特に)。

売上高、伸びている。

ブラウザビューアー、2012年夏に採用。マルチデバイスのスタンスを取る。
DRMの問題があった。HTML5の脆弱性があった。DRMを開発(特許申請)。
都内の地下鉄でもほぼ全て使えるようになった。
どんなアプリを使うかを見ると、ブラウザアプリが良く使われている。学生のみ2位(1位はLINE)。
文字表現に出版社から注文が沢山でた…ボイジャーの迅速な対応で解決。

最終ページにレコメンド枠を設置。購入比率高い。
1クリック購入を導入。結構これで売れる。
青空文庫を導入。

定額の新規事業、本日リリース(どうもY!mobileユーザー向けのようだ、残念)、読み放題、月額400円+税32円、2万冊以上。オールジャンル。ここからアラカルト購入に進んでもらえるようにする。
エンタメパックもある、500円。映像サービスとセット。

今年、いろいろチャレンジする。

(以降ボイジャー鎌田さんの質問に答える)

Yahoo!ブックストアに個人の作品を出すには、取次さんを間にはさんでもらう。

読み放題、安いが、出版社さんメリットあるか。とりあえず機会を増やす。新しいお客さんを獲得する。400円初月無料。

Yahoo! 1995年に検索サービススタート。2005年から色々なイベントを始めた。
アクセスの時間帯、朝通勤帯に膨らむ。午前中も膨らむ(主婦の影響と思われる)。昼もサラリーマン、夕方帰宅時間帯に膨らむ。深夜帯も多い。
現在、作品によるレコメンドになっている。(個人にはよっていない、見る個人によって変わらない)

個人的にやってみたい事は。
Yahoo!を離れるとGYAOで結構出来る。
BinB、最初に使って頂いたのがGYAO。

(観衆からの質問)

Yahoo!とGYAOの関係。
GYAOはYahooの子会社。GYAOは有線がやっていた。

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。