ブックフェア参加記07「Sony Music」(もちゃち)

2015-07-02

ブックフェア2日目、今日はボイジャーのセッション11時からとの事で、少し余裕をぶっこいた。毎日始まりから終わりまでと考えていたのだが、今日は10時30分少し前に着いた。しかしボイジャーブースでは萩野前社長とRomancer開発の小池さんがデモをしていた。しまったと思い、状況を把握しようとすると、NHKの取材の特別デモとの事。明日の朝のニュースでやるかも知れないとのことだった。
とりあえずほっとして「先端コンテンツ技術展」へメガネ型ディスプレイの取材に、EPSONのブースを見に行くつもりが、ふとSony Musicのブースにメガネ型ディスプレイがあるのを発見、見せてもらった。よく見ると、メガネのフレームの前にスマホが付いているだけの構成というのが判った。なぜSony Musicがこんな展示をやっているのか少し疑問だったが、何だかきな臭いSony本体ではなく、周りの会社の方が元気という事だろうか。撮影する機材は特殊で、これを使うのにかかる値段は、ピンからキリまであるとの事だが、配布する方のメガネのフレームはダンボール製で、レンズが付いているだけの構成でそんなに高く無いとの事だった。沢山作れば100円ちょっと程度で作れるとの事だった。画像があまり綺麗でないと思ったが、これはコンテンツをネットに置く関係でダウンロードの制限で画像を粗くしているとの事。ダウンロード形式にしなければ、綺麗。
他にSony Musicらしく音楽の展示があった。一つは現代のジュークボックスで大変きになったのだが、まず手前のM-CA MUSIC、これはフェリカ機能のある携帯にカードをかざすと、音楽が聴けるとの事。最初は大間抜け製品かと思ったのだが、聞いているとそんなに悪くないかなと思い始めた。コンサート等で売り、コンサートの映像などが後から配信されるとの事。ダウンロードは1回という制限があるが、カードがあればストリーミングは何度でも出来るとの事。サービスを受ける側のつもりで話を聞いていたが、サービスを提供する側も面白そうだと思い伺うと、カードの値段は高くないが、データを保持しておくサーバにお金がかかるとの事だった。時間が無くなったのでジュークボックスの事は聞けなかった。今日の最後にでも聞こうと思う。

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。