【定例会プレゼン】CADをAppleScriptで動かす 梶原

2016-05-16

今回の定例会のプレゼンテーションは三次元CAD(SketchUp ver8)をAppleScriptを使って
描画してみると言うものです。

──────────用意するもの

  • SketchUp ver8
  • AppleScript(MacOSバンドル)
  • cliclick(MacOS用の実行ファイル)
AppleScriptで直接CADを操作するのではなく、普段自分やっているようにプルダウンメニューから
コマンドを選択したり、サブウインドウに入力したり、座標をクリックしたり、
GUIの操作をしていきます。
建築の専門用語で英語表記のプラグインで、自分にとっても分かりにくいので、
寸法をリスト化して入力 → グローバル変数に入力 → AppleScriptが入力と、
描画支援をするやり方です。
 
QuickTimeでデスクトップでの操作を記録、iMovieで編集し、YouTubeに上げてみました。
iMovieでは、MOV形式で不鮮明でしたので、奨励されているMP4形式で変換し直しました。
投稿者 梶原
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。