SONY ILCE-7K (ふせ)

2016-08-28

SONY ILCE-7K を購入しました。
ミラーレス一眼のデジタルカメラです。通称 α7。レンズセット。
絶対デジタル一眼レフは買わないと思っていたのですが、この夏、愛機 Canon F1 のシステムに先行きの不安が出てきました。
1つ目は ASA400 のリバーサルフィルムの製造中止です。モノクロネガの Try-X はあっても、もう自分では処理できないしね。日中屋外なら ASA100 でOKなのですが、室内で長物を使うとき F4 レンズではチョット厳しい。
もう一つはレンズの劣化。35-70mm のズームを標準レンズとして使っているのですが、ズームリングの動きが好くない。カクカク動く感じ。80-200mm が昨年起こした症状になってきた。80-200mm は修理に出した所、カクカクは直ったのですが、動きが重たくなった。修理伝票も Canon ではなかったしネ。
そんなときにカメラの量販店で見つけたのが SONY α7 です。

IMG_0322

SONY α7

Nikon はフォーカスリングの向きが逆なので優先順位最下位です。
Canon は好いのですが、レンズ等互換性が無いので全部買い直し。

IMG_0323

後ろ
液晶パネル

Carl Zeiss のレンズに引かれてコンパクトデジカメは SONY を買った事があり、今回も……。
見た感じは一眼レフですが、実はミラーレスです。ファインダーは電子ビューファインダ。ビデオカメラと同じです。(ビデオ撮影も出来ます)後部の液晶パネルと同じぐらいのアイコンなどがファインダーでも見ることが出来ます。
ピント合わせ用のマイクロプリズムは付いていませんが、中央部が拡大表示になります。マニュアルフォーカスでの撮影に十分堪えると思います。距離・絞り・シャッター速度もマニュアル時にファインダー内に表示されます。
何故、新型の α7II にしなかったかといえば手ブレ補正は不要だからです。手ブレ防止にはしっかりとホールドすれば好いので、ブラしたい時にブレないのは帰って困ります。

もう一つ利点があります。
Canon の FD レンズ(フィルムカメラ用)が使えます。
撮像素子も 35mm フルサイズなので、焦点距離と画角も慣れた値がそのまま使えます。(何mm のレンズならどのくらいの範囲が写るか見当がつきます)ミラーが無いのでレンズと撮像素子の間が近く作られています。そこでアダプターを使えばミラー時代のレンズが取り付けられます。(Minolta 製も他社製も)

IMG_0324

KenkoTokina
マウントアダプター
Canon FD → SONY αE

取り付けが少し面倒なのですが十分働きます。
勿論、マニュアルフォーカス、マニュアル絞りですが、先ほどの様にフォーカスも合わせやすいので大丈夫ですね。

IMG_0325

Canon FD 300mmに取り付け

但し、レンズの重量と α7 との重量差が大きくてバランスが悪い。マウント部分がきゃしゃな感じがしてしまうのは仕方がない所。

ちなみに付属のレンズ 28-70mm F3.5-5.6 は距離の目盛りがありません。距離計はファインダの中に表示されます。
マウントアダプタを介したときは無理ですけど。

と云う訳で電池がなければ何も出来ないカメラを買ってしまった。
半年後までには使用に慣れて写真が撮れるかな。

現在、WiFi 経由で iPhone に転送(サイズ制限がある)は出来るのですが iMac には出来ていません。家の環境が MACアドレスで認証を取るようにしてあるので上手くセッティングできていないようです。ケーブルで繋げばOKなので困ってはいないのですが、少し楽をしようと云うことですネ。

実は8月の例会前に藤沢駅近くの量販店の通販サイトに発注しました。例によって店頭より安いんだな。
しかし、納品予定が2月……これいつの2月? 実際は10日ぐらいで来たのでOKでしたが、例会でのお広めには間に合いませんでした。

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。