マイヅルソウ 篠原進

2016-09-07

マイヅルソウ
スズラン亜科マイヅルソウ属に属する多年草。

こちらも北海道旅行時の大雪山黒岳で見た。日本中の山で見かけます

茎は高さ10-20cmほど立ち上がり、途中に2枚のハート形の葉をつける。
葉の模様が家紋の舞鶴紋に似ることから、舞鶴草という名がついた

202マイヅルソウ

202マイヅルソウb
花期は5-7月。先端から茎を伸ばし、白色の小六弁花を総状花序につける。
実は、最初はうずらの卵のように汚れた斑に覆われた白っぽいもので、熟すと赤くなる。

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。