【むずかしいパソコン用語】ルーター WPS機能とは 梶原

2016-09-13

いろいろな設定には、用語を知る必要があります。ルーターの設定でこけましたので、
再度用語を調べてみました。
つまりこのWPSボタンがあれば、親機子機の設定が簡単にできるわけです。
パソコンのブラウザ経由でルーターの設定画面を見て色々指定をするのですが、
なんどやってもケアレスミスで設定を失敗してしまい、AtermWG1800HP2、2個の
親機子機の連携がうまくいきませんでした。
① 子機のWPSボタンを長押し。パワーボタンが点滅したら離す。
② 親機のWPSボタンを長押し。同上。
③ 両方点滅してパワーボタンの色が変わったら、親機のパワーボタンをもう一回押す。
失敗しても設定は元のままですので安心。中途半端な設定にはなりません。
(閑話休題、ふつうは「ながおし」と読みますが、建築では「なげし」と呼びます)
 
──────────以下引用
引用タグがきれいに表示されませんので、明示します。 

WPS機能
WPS(Wi-Fi Protected Setup)とは、Wi-Fi Allianceが策定した無線LANの接続設定を
簡単に行うための規格です。本商品は、WPSに対応した無線LANの自動設定を行うことができます。

※ 設定するには、無線LAN端末(子機)もWPSに対応している必要があります。
※ 本機能では、わかりやすくするために「らくらくスタートボタン」を
「らくらくスタートボタン(WPSプッシュボタン)」と呼びます。
<ご注意>
無線LANアクセスポイント(親機)で「MACアドレスフィルタリング」が「使用する」に
なっている場合、無線LAN端末(子機)のMACアドレスが登録されていないと、
WPS機能での設定に失敗します。無線LANアクセスポイント(親機)側の設定を確認してください。
無線LANアクセスポイント(親機)で「ESS-IDステルス機能(SSIDの隠蔽)」が「使用する」に
なっていると、WPS機能での設定に失敗します。無線LANアクセスポイント(親機)側の
設定を確認してください。
暗号化設定が152bitWEPではご利用になれません。
WPS機能での設定中は他の無線接続はいったん切断されることがあります。
<お知らせ>
周囲にある本商品以外の無線LANアクセスポイントでWPS「PIN方式」を実行すると、
本商品がWPSの信号を検知して、電源ランプ表示が変化することがあります。
接続する無線LAN端末がない状態で「WPS設定」を行った場合、2分間で自動的にキャンセルされます。
WPS機能での設定中は他の無線接続はいったん切断されることがあります。
本商品では、WPS機能での設定の際、2.4GHz帯または5GHz帯のどちらにも接続することができます。
2.4GHz/5GHz対応の無線LAN内蔵パソコンでWindows(R) 7をご利用の場合は、
2.4GHz、または5GHzのどちらか一方でのみWPSが行えます。
選択した帯域でWPSが実行できない場合は、パソコンを再起動し、再度実行してください。
■設定方法
設定方法には、以下の方法があります。
■PIN方式
■らくらくスタートボタン(WPSプッシュボタン)

投稿者 梶原
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。