旧東海道を自転車で走る 篠原進

2017-09-13

2008年9月から旧東海道を自転車で走っています。今まで5日程走って愛知県の二川までたどり着きました(日本橋から280km)。2011年3月に二川宿から先を走ろうと思っていたんですが東日本大震災があり中断してしまって、なかなか再開する気になれず今日に至ってしまいました。完走したいという思いがあって、6年ぶり再開することにしました。

旧東海道は今の国道1号線と重なるところも若干ありますが、多くは1号線と近いのですが別の道となります。こちらが旧東海道と標識が立っているところもありますが、ほとんど標識はありません。旧街道を歩いたり自転車で走っている方達が道順を公開してくれてたりしますので、そのデータをダウンロードしてGPSへ入れて走っています。

今はパナソニックのゴリラというGPSを使っていますが、これに案内をしてもらっているので間違いを少なく来ていますが、GPSなしではこの旅は出来ません。iPhone7でも走ったログ記録を取っていますが、道先案内はゴリラにお任せ。

 33二川宿→34吉田宿→35御油宿→36赤坂宿→37藤川宿→38岡崎宿
1日目は自宅からJR東海道線で小田原、新幹線こだまで浜松、浜松から二川へ東海道線で。

二川駅を降りるとむっとする暑さです。腕時計の温度計は外気温36.6度で、私の体温より高いです。二川宿を出発したのは11時半、16時過ぎまで走れれば良いかなと。ナビの電池が持つのは5時間が限度だし

マンホールがあるたびに観察するのでスピードが出せません旧東海道は国道1号線と重なっている場合もありますが、国道と並行して走っているところも多く、旧街道の面影も見受けられます

豊川市に入りました。
交番も旧街道にマッチしてます

御油の松並木

夜道の安全のため、街道沿いに設置されている常夜灯は街道の道標として設置されているものが多い

赤坂宿、ここには江戸時代からの「大橋屋」という旅籠があって、宿泊が出来たんです。2017年3月末で営業をやめてしまいました。なんでも市が買い取り耐震補強をした上で一般公開するらしい、でも宿泊は出来ないようです。ここに泊まりたかったので宿泊地を赤坂宿にして予定を組んでいたので残念でした。現在移設されていて後には何もありませんでした。

27曲り

岡崎城にたどり着きました

泊まったのは岡崎城の真ん前にあるホテルでした。お客さんはほぼ中国人のみ!

 

 2日目は 38岡崎宿→39知立宿→40鳴海→41宮→七里の渡し場跡、熱田神宮、名古屋駅
朝から雨が土砂降りでしたが、晴れ男の私ですから出発を予定より1時間半ほど遅らせると嘘のように雨が止みました。iPhoneのYahoo!天気で見ると現在地の予報が曇り、今土砂降りなんですけど!!
天気予報をみて降水確率が低いのでレインウエアも持たずに来ました。真夏のことですから濡れても風邪引くことも無いだろうくらいに考えていました。
走り出しすと水はけが良いのか路面に水たまりは無かった。
雨の中走るとマンホールなどの上はツルツルに滑ります。よかった直ぐに薄日が差してきました。今日も暑くなるぞ!

ホテルの直ぐ近くに八丁味噌の工場があって見学できるようだ、そんなことをしてるといつまで経っても進めないので素通りね

松並木 東海道は松並木が多いね、このあたりは道路が整備されていて走りやすい

宿場跡はなく柱だけが立っている

知立城跡 現在工事中で入れませんでした

常夜灯

桶狭間古戦場跡 何も残っていません。霊がいそうで怖いので直ぐに退散

知立と鳴海の間に間の宿・有松があります、五十三次には入っていませんが
ここは街全体が古い町並みを残そうとしているようで、古い民家がお店になっています。

宮宿は特に何も残っていません、この先の桑名宿までは「七里の渡し」から船に乗り向かいます。今回はこの渡し場が最終地点となりました。

この後は、熱田神宮にお参りして名古屋駅に向かいました。

さあ次回はいつ走りに来るか?名古屋までの電車賃が1万円弱なので、小刻みにコースにチャレンジするより、この後一気に京都まで走った方が費用が安く済むようだ、さあいつチャレンジするか? 何処に宿泊するか?

この旅で見たマンホール達

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。