旧東海道(東海道53次)を自転車で走る(41宮宿から45庄野宿)  篠原進

2017-10-11

旧東海道(東海道53次)を自転車っています(41宮宿から45庄野)

前回、41宮宿まで走ったので続きを走ります。
今回は、残りを9/14、15、16の3日間で完走する予定でしたが(約160km)、台風18号の影響が出るかもしれないのでどうなるか分かりません。途中中止もあり得ます。
41宮宿から45庄野(41宮宿→42→桑名→43四日市→44石薬師→45庄野)まで60km弱

9/14 新幹線で名古屋駅まで行き来ました。台風が来るとは思えないほどのピーカンな快晴です。
宮宿から次の42桑名宿までは、船で七里の渡から海を渡って行くことになっています。それは出来ないので名古屋駅からは桑名までは陸上を走って行きます。

名古屋駅から桑名宿まではGPS任せでしたが、走りやすい道を選んでくれました。

30km弱で桑名宿・七里の渡跡に到着

いよいよここからが本コースの始まり。
常夜灯の左に「東海道」の標識が立てられていて道路の色も黄色に塗られていて分かりやすかった。

「日永のなが餅」で知られた笹井屋、食べてみようと立ち寄ると、個売りはしておらず買えませんでした。旅の途中にたくさん買っても荷物になるだけですから、残念でした。

旧街道は国道と微妙にずれているので人も車もいないのでノンビリと走れます。

四日市宿に着くと、商店街の中に旧街道が走っていました。

しばらく行くと「日永の追分」、右が東海道、左が伊勢神宮

「杖つき坂」が始まります、日本武尊が剣を杖代わりにして越えた劇坂です。
ここでクロスバイクの年配の方と遭遇、今日初めて出会った人でした

石薬師宿に着きました。何も残っていないようです
少し走ると今日の終点庄野宿でした。

マンホールも沢山見ました

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。