旧東海道(東海道53次)を自転車で走る(45庄野宿から終点・三条大橋)  篠原進

2017-10-11

旧東海道(東海道53次)を自転車で走る(45庄野宿から終点三条大橋)

9月14日は庄野宿の近くのルートイン鈴鹿ホテルに宿泊した。ビジネスホテルだけど温泉大浴場があってうれしかった。

予定では、あと2日間で完走するはずだった(15日水口宿に宿泊、16日夕方に三条大橋)しかしホテルで天気予報を見ると、16日は朝から雨、16日は家族がやって来て観光し、私が到着する時刻に終点の三条大橋でお出迎えのはずだった。16日雨の中50km走るのは危険だしな、、、レインウエアは持参したけど行けるところまで15日に走っておくことにした。

16日に京都に着いたら1泊して家族で市内観光の予定でした。翌17日は1時間に100mmを超す豪雨だそうで、不要不急の外出は避けるようにと言っている

今日のうちに、できるだけ走行距離を稼ぎたいので資料館に寄らず、名物も食べずに走ります。マンホールだけはいつもの様に写真撮りますが

今日は鈴鹿峠越えが待っています。東海道の3大峠は、箱根峠、薩埵峠、鈴鹿峠らしい。このうち箱根旧道の箱根峠は大きな石がゴロゴロで山登り、、諦めて国道を走りました。薩埵峠は自転車担ぐところが短くそれほどきつくは無かった。さてうわさの鈴鹿は?

街道を進みます、今日も人には会いません。この旅を続けて思ったのは、事故で動けなくなったら誰にも気付かれず死んでいくのかな、、、

関宿は宿場町を保存しようと努力されているようで、昔ながらの宿場町の雰囲気があります。

鈴鹿馬子唄会館を左に見て鈴鹿峠に向かいます。

ここから鈴鹿峠が始まります。自転車は押し弾きです

ハアハア、今度は階段が出てきました。ここからは自転車を担がなければなりません

15分もかからずに峠の上まで着いてしまいました

確かにきつかったけど箱根よりは楽だ、箱根は担いでは登れないもの
少し行くと街道で一番大きい常夜灯がありました

峠を下ってしばらく行くと土山宿、

ノンビリしてられません先を急ぎます

12時40分位に今日の目的地の水口宿に着いてしまいました。

今日の距離を稼ぐためにホテルを早く出発したせいもあるし、思ったほど鈴鹿峠に時間がかからなかったせいもあるな。時間がもったいなので、ここで朝コンビニで買ったパンを食べました。

さあここからは、できるだけ遠くまで走るぞ!!
石部宿 通過

草津宿も古い町並みを保存しているようです、時間があれば資料館とかに寄りたかったんですが残念!!

琵琶湖です、東海道からだと見えないんですが、ちょいと道を外れてみました。遠くに琵琶湖大橋が見えます

大津宿につきました。 ここが53番目の宿場です

ここまで来たので最終地の京都まで走ってしまうことにしました。
大津から京都まではダラダラの登り坂が続いて意外と体力を消耗しました。

そして午後5時すぎに終点の三条大橋に到着!!
東海道53次完走しました!!

予定より1日早く着いてしまいましたので家族の出迎えはありません 残念

ここから京都駅まで行き、電車で宿泊地の水口まで輪行で戻りました。

 

マンホール達


Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。