ブザー (ふせ)

2018-02-11

ボランティア先で初めて講師(サブ)をやりました。
小学校高学年の子供達に理科の実験・工作・観察等を通じて科学に興味を持ってもらおうと言う団体です。
会場は高校と中学校の教室をお借りして月に2回行っています。

今回はインフルエンザが流行っていて来られなくなった子が若干いましたが23人が参加してくれました。講師は8名です。

作ったのはブザーです。電磁石の実験をしながら順番に組み立てて行きます。
部品の加工は予め大人の方で済ませています。(これが結構大変なんだな)

子供達が頑張る所は2箇所。端子になる木ねじを板に取り付ける所19箇所とコイルを巻く所です。

組み立てが終わったら電磁石と振動子の間隔を0.5mmぐらいに調整します。
電池を取り付けて動かして見ます。上手く鳴るように接触子の位置を調整します。

私のグループは5年生と6年生で大成功でした。

この後、モールス信号のテストをして(発信・受信が直ぐ隣なので面白くないけど)何となく雰囲気は分かったかな。

自分が子供の頃作ったブザーには抵抗と発光ダイオードは付いていませんでした。
抵抗は無いとギャップ部分が溶けてきます。(多分)
LED は動作確認とコイルで発生する高圧(500Vぐらいにはなるそうです)を逃がす為です。

 

 

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。