iPadで新しいKeynoteバージョン4.0 吉田 一視

2018-04-09

バージョンアップしたKeynoteが進化していました

iOS 用 Keynote の新機能

描画と書き込み
Apple Pencil をサポート対象のデバイスで使うか、指を使います。
詳しくは、こちらの記事を参照してください。

描画のアニメーション
描いたものをスライドショーの再生中にアニメーション表示できます。

Box での共同制作
Box に保存されているプレゼンテーションをリアルタイムで共同制作できます。

その他

  • プレゼンテーションのテーマを簡単に変更できます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  • プレゼンテーションのスライドサイズやアスペクト比を調整できます。詳しくは、こちらの記事を参照してください。
  • ドーナツ型のグラフで、データを新しい魅力的な形で視覚化できます。
  • インタラクティブなイメージギャラリーを追加して、写真のコレクションを表示できます。
  • 編集できる新しいさまざまな図形で、プレゼンテーションが充実します。
  • 入力時に分数を自動的にフォーマットする新しいオプションが追加されました。

Keynoteサポート

実際に作ったページは以下です


例会始まる前にKeynote Liveという発表者の画面が見れる機能はAirDrop使い会員のiPadで試せました
Mac・iOS以外のweb見れるデバイスやパソコンでも見れるようです

共同作業はMessageで試せ、「3 篠原追加しました 完成」は会員が追記して追記したすぐは会員の名前がでました。
遠隔地間でもやりとり出来るのは今後活用出来そうです

例会時は無線Wi-Fiが混雑していてタイムアウトでしたが家でもうまく行きました。

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。