8月, 2020年

Amazon Echo Showとスマートリモコン 吉田一視

2020-08-13

 

 

スマートスピーカー・リモコン

しまゆぐ 2020年8月のZoom例会

2020-08-09

2020年8月9日(日)14:00〜

代表 今月の定例会は横浜市青葉区のAoMacが見学参加
会計 支払いはオフラインに行けないので待ってもらっています

近況
増田 神奈川県立生命の星・地球博物館に初めて行って感動 目的は岩石
篠原 自転車再開して体重戻ってきた 海岸人混みだが県内が多い iPad ProのSIM解約して格安に契約
鈴木忠夫 元AoMac代表 10年以上前にしまゆぐに見学してAppleユーザーグループ立ち上げ
大橋 横浜時代にAoMacに入った
親の家の関係で北海道に帰ったが、最近のZoomで参加できるようになった
鈴木 ボランティア講座は人数減らし、風通しの良い部屋で月1回やっている.
FプレイスのZoomオンラインセミナー「人生100年時代に備える」に参加した.
後日、オンデマンド版のURLで開いたブラウザー画面でダウンロード機能があることを知り、許可を得てダウンロードした.
布施 シャープのマスク初回応募、13回目で当選したがもう要らないので購入しなかった
ボランティアは会場側の対応未定で待機中
矢萩 100円均一でMacBookのUSB端子用照明買って顔が明るく出来た
危険物取扱者の資格取った
田部井 Zoom初めて MacBook Airでうまく出来なかったがWindowsは画質悪い
母にiPad買ってビデオ入れて送った しまゆぐホームページでSwiftの連載始めた
山田 AoMacより 実家が九州で大雨の影響の雨漏り等で実家帰省して手伝う
大学で動物や植物の生態学 大磯のアオバト等湘南に観察でよく出かける
平井 1年半前入会したAoMacより 昔旅行会社の紙のカルテをMacとデータベースでネットワーク化
10年前からMac再度使い始め、ワードプレスや写真関係でマックライフを楽しんでいる
吉田 藤沢の生涯学習活動推進室主催の健康講座をZoomでオンライン受講
Fプレイス主催オンラインセミナー「人生100年時代に備える」をオンデマンド視聴
画面付Amazon Echo Show 5 2台で半額を購入 スマートリモコンと連動で快適

デモ
吉田 Amazon Echo Show 5とスマートリモコン
増田 生命の星・地球博物館が作った岩石の本
色と信仰
Appleの地図アプリがストリートビューと3D良くなった
山田 近辺の動物の写真と解説

雑談
平塚博物館 田部井さんITで過去展示紹介手伝ってた 天文好きな矢萩さんもよく行く 最近の火球を学芸員発見
TOEIC コロナで受験人数制限の抽選で受けられない人多い
丹沢の山蛭に刺されない対策 塩以外はスプレーの山蛭ファイター
矢萩さんのコレクション 漢字トークとシステム7のフロッピー
しまゆぐ激戦フリーウェア本は見つからなかった
中古車売れている カーディーラーから聞いたコロナ期だけのための2台目購入が多い

質問
Q しまゆぐホームページでワードプレスでエクセルの表をPCでも
スマホ・タブレットでも文字が見えるように出来なかった
A プラグインでレスポンシブルテーブルかワードプレスをアップグレードしてグーテンベルグ使う
例会後メーリングリストで教わり、スプレッドシートの印刷からPDFで保存を画像と同じように扱ってクリックして別ウィンドウになるが表示出来た
普通の画像ファイルクリックするとPCとiPadは大きさ小さく出来なくiPhoneのみ拡大縮小出来る

Zoom
9名以上はIPadは左にスクロールしないと全員の顔見えない
田部井さん 休憩後MacBookで出来た
増田さん 大画面マイクが遠くIMacで音声良くなかったが、ワイヤレスイヤフォンとマイクの調整で聞きやすくなった
篠原さんiPadからキーノートの共有テスト成功

8/15(土)18:00〜20:00のAoMacのZoom定例会招待
オフライン参加者居れば田園都市線田無駅下車の青葉区区民交流センターも
吉田と篠原さんの2名Zoomで参加 AoMacクラブ8名

9月定例会参加者居ればFプレイス5階の501です

しまゆぐ定例会 オフライン・オンライン考察 吉田 一視

2020-08-04
しまゆぐ定例会 オフライン・オンライン考察 コロナ期 コロナ後
会議室
オフライン
従来型
同時
会議室+
Zoom
Zoom
オンライン
のみ
会議室
オフライン
従来型
同時
会議室+
Zoom
Zoom
オンライン
のみ
機器やガジェットを実際操作して解説・触って体感 操作分からない人に実機で教えられる
表情や雰囲気まで分かり、濃密なコミュニケーションが出来る
例会後の交流も可能 × ×
新型コロナに感染する心配 ×
遠方や体調で会場行きづらい × ×
行き帰りの時間を節約出来る × ×
録画により例会に没頭出来ない同時メモが解消され間違いも減る(オフラインも録音のみ)
デモや何か紹介したい時「画面を共有」で皆見やすく、プロジェクターへの接続変更の手間不要 × ×
Zoom苦手だったり初めて参加する人 × ×
会費や使ったお金の受け渡しが楽(手間や振込料不要) × ×
選択増える為参加者数増 × × × ×
◎=2 ◯=1 △=0 ×=-1 -1 5 3 4 7 1
吉田の見解 緊急事態宣言や会場が借りられなかった時はオンラインのみで仕方が無いが、オフライン出来るなら同時開催で選択出来方が良い

しまゆぐ オフライン・オンライン考察の表はこちらをクリック

Swift5で行こう…第4回「ハイアンドローゲーム2」(もちゃち)

2020-08-02

目次へ
前(第3回)へ  次(第5回)へ

さて前回最後の問題は解けたでしょうか?
まだ解らない人の為にヒントです。


    @State var message = “0から9の値を入れて下さい”
    @State var value = “”
    @State var answer:Int = Int.random(in: 0…9)

この中の2箇所です。

1箇所は表示の問題と書いたので分かったのではないでしょうか。
@State var message = “0から9の値を入れて下さい”
の部分です。0から9を0から19とすれば良いのは解ったのではないでしょうか。
もう一箇所は難しかったかも知れません。
@State var answer:Int = Int.random(in: 0…9)
ここの9を19と変えれば良いのです。

    @State var message = “0から19の値を入れて下さい”
    @State var value = “”
    @State var answer:Int = Int.random(in: 0…19)

さて、今回作ったプログラムでは、一度終了しないと次のゲームが出来ません。それでは不便です。何回も遊べるようにしましょう。

最初の部分に

        @State var showingAlert = false

を加えて下さい。

そして

        else
        {
            message = “当たりです”
        }

の部分を変更します。

        else
        {
            self.showingAlert = true
            answer = Int.random(in: 0…9)
            message = “0から9の値を入れて下さい”
        }

として下さい。

また

            Button(action: {self.Action()}
            ){
                Text(“決定”)
            }

の部分を

            Button(action: {self.Action()}
            ){
                Text(“決定”)
            }
            .alert(isPresented: $showingAlert) {
                Alert(title: Text(“当たりです”))
            }

の様に変更します。

以下全体ソースコードです。

import SwiftUI

struct ContentView: View {
    @State var message = “0から9の値を入れて下さい”
    @State var value = “”
    @State var answer:Int = Int.random(in: 0…9)
    @State var showingAlert = false

    func Action() {
        var x:Int
        x = Int(value)!
        if (x > answer)
        {
            message = “もっと小さいです”
        }
        else if (x < answer)
        {
            message = “もっと大きいです”
        }
        else
        {
            self.showingAlert = true
            answer = Int.random(in: 0…9)
            message = “0から9の値を入れて下さい”
        }
    }
    
    var body: some View {
        VStack {
            Text(message)
            TextField(“Input”, text: $value)
                .frame(width: 50, height: 50, alignment: .center)
            Button(action: {self.Action()}
            ){
                Text(“決定”)
            }
            .alert(isPresented: $showingAlert) {
                Alert(title: Text(“当たりです”))
            }
        }
    }
}

struct ContentView_Previews: PreviewProvider {
    static var previews: some View {
        ContentView()
    }
}

実行してみましょう。何回も遊べるのが判ったと思います。

さて、今度は、当たるまで何回かかったか判るようにしたいと思います。

コードを以下のように変更して下さい。

以下全体ソースコードです。

import SwiftUI

struct ContentView: View {

    @State var count = 1
    @State var alertMessage = “”
    @State var message = “0から9の値を入れて下さい”
    @State var value = “”
    @State var answer:Int = Int.random(in: 0…9)
    @State var showingAlert = false

    func Action() {
        var x:Int
        x = Int(value)!
        if (x > answer)
        {
           message = “もっと小さいです”
        }
        else if (x < answer)
        {
            message = “もっと大きいです”
        }
        else
        {
            alertMessage = String(count) + “回で当たりです”
            self.showingAlert = true
            answer = Int.random(in: 0…9)
            count = 0
            message = “0から9の値を入れて下さい”
        }
        count = count + 1
    }    

    var body: some View {
        VStack {
            Text(String(count) + “回目”)
            Text(message)
            TextField(“Input”, text: $value)
                .frame(width: 50, height: 50, alignment: .center)
            Button(action: {self.Action()}
            ){
                Text(“決定”)
            }
            .alert(isPresented: $showingAlert) {
                Alert(title: Text(alertMessage))
            }
        }
    }
}

struct ContentView_Previews: PreviewProvider {
    static var previews: some View {
        ContentView()
    }
}

前(第3回)へ  次(第5回)へ
目次へ

2020年8月しまゆぐHPトップ画像 篠原進

2020-08-01

今月の写真は神奈川県葉山町の長者ヶ崎海岸です。( 地図の矢印のところ)
「かながわの景勝50選」の一つで夕暮れ時の景色も素晴らしく、江ノ島、伊豆半島、天気が良ければ富士山が見えます。
以前から葉山町は綺麗な海とおどやかな気候が魅力の人気観光地ですが、今また、TVなどで紹介されブームとなっています。ぜひ一度来てみて楽しんでください。

Since1991 © Shimayugu All Rights Reserved.
アップルおよびアップルのロゴは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
湘南マッキントッシュユーザーズグループは、独立したユーザグループで、Apple Japan合同会社が権限を与えた団体、支援する団体、またはその他に承認する団体ではありません。